IMG_20190512_142711243_HDR-1280x960.jpg

5月11日12日の試合結果

2019-05-12by joyous

まわりが弱くなっているのか、こちらに力がついているのかよく分かりませんが、各カテゴリーでここ数週間サッカーらしい点差の試合が続いています。とりあえずこのまま突き進んでシーズンが終わってからふりかえってみましょう!

U15 vs Invincible Stars 3-0

狙い通りの試合運びで2連勝。最後まで集中切らさずきっちり試合を終わらせることができました。これまで試合を重ねる中でそれぞれがある程度守備の決まり事を理解し、お互いの特徴が分かるようになってきたと感じたので、今日は次のステップとして攻撃面で3つの課題を決めて試合に入りました。他と比べフィジカル面で苦労している相手であったことも幸いし、試そうとした課題を比較的スムーズに表現する事ができていました。次はプレッシャーの早い相手にどこまで通用するのか今から楽しみです。

U12 vs Croatia 1-1

正しい状況判断から意図を持ってボールを動かし、試合を通してたくさんのチャンスを作れていました。最終段階のクリエイティビティも良く、決まる決まらないは別にして、フィニッシュまで持って行けていたことは個人としてもチームとしても成長を感じさせる試合展開でした。レベルの高い相手にどう戦えるかが興味深いところでした。日々の練習で基礎技術を向上させてもう1段階上のレベルを目指しましょう。

 

U11 vs Croatia 14-1

このチームが始まってこれほど点差が開く試合は今までにありませんでした。相手チームは去年のJoyous FCを見ているようでした。相手チームは立ち上げたばかりでまだまだこれからといったところでしたが、ポテンシャルのある選手も数名いましたので次に対戦するときは難しい試合になるかもしれません。

さて試合は前半からこちらが押し込む場面が多くみられ、今週の練習で何度も繰り返しサイドからの攻撃がたくさん見られたのが収穫でした。ただ相手が力のないことをいいことに前への意識が強すぎて無理に仕掛ける場面が前半は多くみられました。途中からは状況を把握してスペースを見つけてプレーすることが出来るようになりましたが、つなぎの精度やポジショニングの部分でボールを失う場面がみられました。でもこの年代はまだまだ失敗を恐れずに練習から一貫して行っていることを精度を高めながら実行することがとても大事です。相手が強くなった時や上のレベルでプレーするうえで必要なことは今のうちにチェレンジしていってもらいたいです。

余談ですが、あまりにも点差が開くのでハーフタイムで二つの課題を出しました。一つは「全員得点」もう一つは「無失点」。残念ながら「全員得点」は12人中11人得点、「無失点」は最後に一点入れられて課題克服になりませんでしたが、みんなが課題向けて一致団結していい雰囲気で試合を終えました。

 

U12 vs Supra ACEL U12 5-6

順位から見ると今回の相手はSupra U12の中でも3番目のチームとの対戦でした。U12は先週からDFに関してはひろきを中心にとてもよくなってきていたのでこちらのポジショニングのまずさで失点する場面はほとんど見られませんでした。失点はこちらのミスを突かれるか、遠目からのシュートが多かったように思います。反対もしかりでJoyous U12の得点パターンはヒロトのフィジカルと個人技に頼る場面が多く、特に前半は全員が連動しての得点は少なかったです。後半はサイドの選手が空いているスペースに走りボールを呼び込む動きが増えたためボックス内に入り込むことが増えました。しかし午前中の試合と同様ゴール前でのアイデアと精度に欠け、たくさんのチャンスをふいにしました。試合の中でチャンスは作れてきています。後は精度の問題ですので練習から一つ一つのプレーを試合を想定して行えるようにしていきましょう。