News - JOYOUS FC

最新ニュース
2018-04-22
IMG_20180422_090652310.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

Great weekend for Joyous FC! 合計10ポイント奪取!!

U13 vs Okanagan FC 2-1

シーズンが始まって最初の2試合は善戦虚しく勝ち点が取れませんでしたが、3試合目にしてようやく勝点3が取れました。試合の内容も最後15分を除けばとても良いゲーム運びでした。ただ2点目が入ってからゲームの締め方に経験のなさが表れました。残り15分で2-0であれば、まず中を固め、ボールを出来る限り自陣から遠ざけ、中央でのロストを最小限に抑える戦い方が必要となります。先週メールで送った質問事項のひとつであり、紙面上では理解していたものの、いざ実践でその状況に直面するとパニックに陥る選手がほとんどでした。今シーズンのテーマであるタクティカルなゲーム運び。次に同じ過ちを繰り返さないよう改善していく必要があります。

U10 vs Okanagan FC 3-3
前回までの2試合はほとんど試合らしい試合ができずほとんどシュートも打たせてもらえない試合が続いていました。今回からリーグの側の要望もあり08の選手も入り試合にのぞみました。

以上の状況を踏まえ今週は以下の事をテーマに練習から取り組み、試合に入りました。

・ゴール前でのパスボール回し
出し手は外にパス
受けてはラインいっぱいまで広がる

・攻撃 カウンター攻撃
出しては受けての前のスペースに出す
受け手は出し手に近づかず前のスペースに走る

試合では今回のテーマがはまり前半だけで2得点。後半も同じようにカウンターで1点追加していい形が出来て来ました。守備においても今日唯一の08ゆうきを中心とした守備が安定して、回しもかなりの確率で外から上手いこと回せていました。

今後は攻撃のバラエティーを増やして行くこと。守備でははじめの2失点はパスを中に出したところを取られての失点だったのでもう少し危険な状況の意識を上げて行きたいです。

また次からの練習で改善して行きましょう。

U12 vs Okanagan FC 08 2-1

ダブルヘッダーの一戦目。人数が揃わず、06年組数名のサポートはありましたが、最後までしっかり集中して、こちらも嬉しいシーズン最初の3ポイントをゲットしました。

U12 vs Okanagan FC 07 3-0

2戦目は1戦目と同じチームのひとつ上の年代で、苦戦が予想されましたが、Cyrusのハットトリックもあり、ディフェンスも最後までしっかり守りきって完勝。反省点は、あと2〜3点決めなければいけないチャンスがあり、そういうチャンスをしっかり決めきらないと、今後強豪と対戦したとき厳しくなります。キーパーClaytonの活躍も大きな勝因でした。


2018-04-15
img_20180415_114240841875120353.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

久しぶりの晴天でサッカー日和。今日もみんな元気に頑張りました。

U12 vs Soccaskool 1-10

強豪相手に前半がんばって善戦しましたが、後半大量点を許してしまいました。この年代はこれからも厳しい戦いが続きます。毎回真っ向勝負で望み、サッカーのゲームにおいてどうプレーすれば体格差を埋めることができるのかを学んでいく経験が今後の成長への鍵となります。

U13 vs Croatia Jr’s 3-5

勝点3を狙って臨んだ一戦でしたが、前半の失点が響いて後半逆転する事はできませんでした。しかし今シーズンの課題であるタクティクスのレッスンとしては選手にとって良い経験になったと思います。前半機能していなかったグループをどう修正して立ち直していくのか。試合の中で頭を働かせて戦略を修正できる能力が身につけば、チームは別チームのごとく変身します。それがスコアにとてもわかりやすく反映されたゲーム展開でした。

U10 乞うご期待


2018-04-08
IMG_20180408_101532367_HDR.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

いよいよ春のアカデミーリーグ開幕です。今日はU10, U12, U13全てのカテゴリーで試合がありました。

U12 vs Vancity 0-4

Joyousはメンバーの半分以上が08年生まれの若いチームで参戦です。今日はCyrusの参加もあって、前半はほぼ互角の展開でハーフタイムを迎えました。良いパスワークが随所に見られ、何度かチャンスがありましたが、得点につなげる事ができませんでした。後半は力負けして押し込まれる時間帯が長くなりましたが、終盤に惜しいチャンスがいくつかありました。即席キーパーのりゅうのすけの活躍が嬉しいサプライズでした。大きい子達相手に負けないよう頭を使ったインテリジェントなプレーを心がけてこれからレベルアップしていきましょう。

U13 vs Supra 4-5

新たなメンバーが加わって初戦でしたが、レベルの高い相手に点の取り合いの好ゲームとなりました。チームとしての戦い方がまだ意思疎通できてない中で、新たな戦力とうまく噛み合っていました。この年代になるとゲームのシチュエーションに合わせたタクティクスの理解度が成功へ向けて重要な要素になってきます。これからの練習の中でテクニカルとフィジカルトレーニングに加え、頭を働かせたタクティカルな部分を鍛えていきます。


2018-04-03
download_20180321_133034.jpg?fit=1200%2C613&ssl=1

最終日にアクシデント発生。アムステルダムからの飛行機が遅れて乗り継ぎが間に合わず、アイスランドで1泊することになりました。思いがけず時間ができたので、今回の旅を振り返ってみることにします。まずできたこととできなかったこと。できたことは毎日2回のTonによるトレーニングセッション。Tonの育成論がフィジカルに頼らぬクーバーメソッドを取り入れた基本技術の向上であることと数多くのプロ選手を育てたその実績が、今回のプログラム成功における最重要事項でした。次により多くのトップレベルのユースの試合を子供たちに見せて世界基準を知ってもらうこと。AZのU16を2試合、Ajax U15 1試合、AZ U13 1試合、U12のイースタートーナメントで2試合見ることができました。あとはフットボールの本場でプロの試合を見せてフットボール文化を体験させること。残念ながらベルギーで行われた日本戦は見に行くことができませんでしたが、オランダ対イングランドのフレンドリーとエルディビジ1試合を見に行くことができました。そこで目にしたサポーターの狂気はカナダや日本では体感できない異次元のものでした。そして滞在中いくつかの都市を訪れ、ヨーロッパ特有の異文化を体験することもできました。デン・ハーグ以外にアムステルダム、ロッテルダム、デルフト、ブリュッセルなどを訪れました。できなかったことはクラブレベルのトレーニングに定期的に参加させてあげられなかったこと。これはTonやスカウトによる子供達のレベル見極めに1週目が必要だったことと2週目がイースターホリデーと重なったためショートウィークだったことが理由ですが、子供たちにとってとても重要な経験であるため、今後改善が必要な部分です。ただTonのネットワークが確かなものであることがわかったのは収穫でした。これまで30年に渡って育てた多くの選手たちが現役を経て全国のプロ及びアマチュアクラブで指導する側にまわっており、Ado、スパルタロッテルダム、エクセルシオールといったプロのアカデミーやその下のカテゴリーのアマチュアクラブまで、Tonが要する幅広いネットワークはこちらが求めていたものと合致します。またTonの紹介でAdoユースのスカウトであるJanと知り合うことができたことも収穫でした。これまでのヨーロッパでの挑戦がいつもそうであったように、今回も収穫の多い実りある2週間となりました。今後TonのVoetbalacademieとコラボして活動していければと思います。


2018-04-02
IMG_20180402_174105253.jpg?fit=849%2C637&ssl=1

楽しかったオランダでの武者修行も今日が最後。昨日はこちらへ来てはじめての完全オフで、180km南に位置するブリュッセルまで行ってきました。外国なのにパスポートチェックもなく、簡単な目印を見逃していたら、どこが国境かも分からないぐらいでした。フランス語圏のおしゃれな街でしたが、観光とは無縁の我々にはその良さがいまいち分からずもったいないぐらいでした。とりあえずベルギー名物のチョコレートとワッフルは試食しました。そして最終日の今日はいつも通りの2部練習で、その合間にU12のインターナショナルトーナメントを観戦に行きました。オランダとベルギーのアカデミーが一同に集うトーナメントで、アンダーレヒトにケタ違いの怪物がいました。近い将来間違いなくビッグクラブに引き抜かれるであろう逸材でした。そして夕方のトレーニングの時、TonとJulianと再会を約束し、別れを告げました。明日バンクーバーに帰ります。


2018-03-31
IMG_20180331_203115178.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

イースターフライデーも練習は続きます。午前の部はJulianの指導で、所属クラブで活動のない選手が大勢集まりました。午後はLeoが低学年組のグループセッションに参加し、ゆうじんとKyleはボールなしのスピードトレーニングでした。今日はゆうじんの誕生日!Tonの都合で急遽トレーニングがキャンセルとなり、ロッテルダム観光を兼ねて、Du KuipでJulianのAZ U16対Feyenoord U16を観戦しました。前回質の高さに度肝を抜かれたAZ U16ですが、今日はピッチのデコボコなコンディション上の理由か相手に合わせた戦略か前回とは打って変わってロングボール主体のガチガチフィジカルプレーにてっしていましたが、アウェーで強豪相手にしっかり勝点3取って帰りました。そして夜はAdoの本拠地Cars Jeans StadionでエルディビージのAdo対AZを観戦しました。現在リーグ3位のAZと8位Adoの上位対決で好ゲームが期待されましたが、結果はAdoの惨敗。だけどエルディビージの熱い雰囲気を存分に満喫しました。


2018-03-29
IMG_20180329_134626209_HDR.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

今日は午前のセッションのあと、KyleがAdo、ゆうじんはUVSとのチームトレーニングに参加しました。UVSは隣街Lindenにある強豪街クラブで、ゆうじんはひとつ上のU13Aチームの練習に入れてもらいました。ゲーム形式のトレーニングでセンターバックのポジションに入ったゆうじんは最初慣れない環境で少し戸惑った感じでしたが、徐々に調子が上がり、後半は効果的なパス回しの起点になる場面も何度か見られました。オランダでの挑戦も残り僅かとなりました。明日からイースターホリデーに入り、各地でユーストーナメントが繰り広げられます。レベルの高いゲームをたくさん見せて、子供達の脳に良い刺激を与えようと思います。


2018-03-28
IMG_20180328_125231308.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

昨日は午前中軽めのトレーニングをしたあと、夜Kyleが出場するAdo Den Haagの試合を見に行きました。ひとつ下のU14のチームでしたが、年代別オランダ代表に選ばれている子もいる強豪で、レベルの高いゲーム展開の中、Kyleもよく奮闘していました。今週はTonのトレーニングに17歳でプロを目指す地元の選手が参加しています。来月予定されているギリシャの名門PaokとPanathinaikosのトライアルの準備をしているそうで、Kyleやゆうじんの面倒もよくみてくれ、ふたりにとってもいい刺激になっているようです。今日も一緒に午前中のトレーニングをしたあと、かなり疲れが溜まってるであろうというTonの考慮で午後は初めてのオフとなりました。アパートに帰って夕食をとったあとUNO大会をやりました。


2018-03-26
IMG_20180325_122925654_HDR.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

あっという間に1週間が経過しました。日曜はアカデミーの全体練習があり、まずLeoが11歳以下の部に参加し、その後Kyleとゆうじんが高学年の部に参加しました。高学年の方は高いレベルでプレーする選手たちがクラブ以外のエキストラトレーニングとして参加しているようで、平日とは違う環境でプレーできる機会となりました。練習内容は基礎技術に始まってポゼッション練習と普段ジョイアスでやっているものと同様の内容がほとんどでした。そして月曜は午前練習したあと夜に練習試合が組まれました。地元のクラブチームを相手に、下はゆうじんから上はKyleの年代まで一緒にプレーするというざっくりとした内容の試合でしたが、これもふたりにとって良い経験になったと思います。明日はいよいよKyleがAdo Den Haagの練習試合に参加します。


2018-03-24
IMG_20180323_120958230.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

アクション満載の2日間でした。まずは金曜日午前中のトレーニングを終えたあと、夕方からアムステルダムアレナへオランダ対イングランドを見に出かけました。ワールドカップ前伝統の一戦だけあって、試合前スタジアム周辺の盛り上がりは最高潮で、そのままの勢いで試合がスタートしましたが、ゲーム自体は史上最弱のオランダと万年質の低〜いイングランドとの退屈極まりない凡戦で、終了10分前には観客の多くが退散するという残念な内容でした。夜遅くアパートに戻り、翌朝はJulianがアシスタントコーチを務めるAZのU16対Volendamを観戦に行きました。この試合は昨日のインターナショナルマッチとは打って変わって、クオリティーの高い衝撃的な一戦でした。成熟度が高くこれぞフットボールという感じで、心技体どれもトップレベルの戦いでした。後で聞いたところこのチームには年代別代表選手が4〜5人いるというのも頷けるエンターテイメント性の高いゲームでした。カナダでプレーしている限りこのレベルに追いつくのはちょっと難しいと思いましたが、その後すぐ見に行ったU15のAjax vs Elmere戦は一年代だけ年が下がるとは思えないほど子供っぽい試合内容で、14歳と15歳の間にある1年の差と成長度合いを目の当たりにした感がありました。そして夕方からHaagに戻りTonのトレーニングに参加しました。子供達には刺激いっぱいの2日間であったと思います。