News - JOYOUS FC

最新ニュース
2018-06-19
ptk_50831425116593.jpg?fit=1200%2C801&ssl=1

2018年スプリングシーズンもこれで最後。土日にかけてBurnaby Lakeでは熱戦が繰り広げられました。

U13 総括

メンバーが揃ったこの大会は、はじめから優勝を目指して望みましたが、意外にもシーズン中大差でやっつけたFalyに足元をすくわれ優勝を逃しました。それでもSupraと対戦した3戦目は個と和が融合し、チームのポテンシャルを感じさせるインテリジェントなプレーが随所に見られました。シーズン後半から時折見られるようになった個々の高いパフォーマンスはこのグループの成長を感じさせるものでした。ここからさらに成長して各自ステップアップしてくれることを願います。なお、U12のMVPにはオールスター戦でGKとして活躍したKentaが選ばれました。Kentaおめでとう。そして大会後には父兄主催のBBQパーティーが盛大に行われました。冬の寒い日も朝の早い日もいつも子供たちとJoyous FCをサポートし続けてくれる皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

Hiroコーチ


2018-06-10
ptk_1752417761455.jpg?fit=1200%2C800&ssl=1

来週のトーナメントを前に、スプリングリーグの最終節となりました。各年代ともに少しだけ成長した試合ができました。

U12 vs Soccaskool 1-5

強豪相手に前半は防戦一方でしたが気持ちが切れることなく集中できていました。現在チームの司令塔であるCyrusが不在の時のシステムだと真ん中の選手の活動量の多さが不可欠になりますが、今日はRyoがよく頑張って前線から追い続けたことが後半の抵抗につながりました。前回大敗して、こんなチーム相手じゃわざわざ遠くから遠征に来る価値がないと言われた相手に後半は互角に戦うことができました。小さな成長を感じた一戦でした。

U13 vs Soccaskool 5-1

開始から終わりまで集中を切らさず、常にゲームをコントロールすることができました。ハーフタイムに選手自身が行った分析も的確で、中盤を一枚増やすフォーメーションに変えたことにより、後半更に主導権を握ることができました。シーズンはじめに目標にしていた戦術理解度の向上が表現できた良いゲームでした。


2018-06-04
ptk_00452057289539.jpg?fit=1200%2C801&ssl=1

アカデミーリーグも締めくくりの6月に入りました。ここから先はプレーオフに向けて各クラブとも更に熱のこもった戦いが続きます。

U10 vs Supra 2009
●2-6

今回も最初の試合で大敗した相手との対戦。日程が変更したこともあり相手は二人を欠いて6名での対戦。二人を欠いているとはいえ体格と技術で勝る相手に簡単にかわされ立て続けに失点。攻めてはこちらも人数をかけて攻め込んで行くが上手いことボールを回せず簡単にとられてる場面が目につきました。前半だけで5失点。一矢報いたい後半戦は多少前がかりのシステムで得点を狙いに行くとカウンターで失点されるも疲れが見えてきた相手を徐々に押し込んで行き近藤かいの初得点を含め2得点。次の日につながる形で試合を終えることができました。
U10 vs FCDEscola Vancouver HPU9
●0-1
2月の練習試合では10点以上の大差、5月には4点差での敗退で今回は三度目の正直でまずは点差を縮めるべく今週はしっかり守ってカウンターを狙う作戦を徹底的に練習から取り組んできました。試合はいつもと同様ゆうきを中心とした守りとチーム全体が気迫のこもったプレーで簡単にいい形でシュートは打たせませんでした。前半途中でGKタイガが抜けるというアクシデントにも見舞われましたが相手のシュートミスにも救われ前半は0-0。後半も途中からGKにうつったりゅうのすけが頑張り無失点が続きます。攻めはいい形でシュート出来そうな場面もありましたがタイミングが合わずあと一歩のところで得点ならず。試合は後半最後に失点をくらい結局0-1負け。数字だけを見ると大健闘‼︎この調子で最終節は悲願の初勝利を目指して頑張りましょう。
U12 Faly Academy 07
○5-4
こちらもリーグ前にコテンパンにやられた相手。あれからどれだけ成長したか試す絶好の試合になりました。
今回は通常MFでプレーをしているサイレスをFWの位置におき前線でタメを作りチーム全体を押し上げる戦術でのぞみました。試合は狙い通り前線のサイレスがしっかりタメを作り相手を引き付けた所でできたスペースにしんと、ジェイコブが走り込んで受けることで多くのチャンスを作りました。その狙い通りの形でジェイコブが先制点。一点返された後もサイレスの個人技から追加点。その後も返される一進一退の試合で前半終了。
後半はサイレスのPKの得点後、途中からサイレスを中盤に戻すことでサイド攻撃をより活性化。効率よくサイドをつきしんととヒロトが立て続けにゴール。楽な試合になると思いきや終盤怒涛の追い上げを受けてあわや追いつかれるかといった試合になりましたがなんとか逃げ切り勝利をものにしました。最後の試合運びに課題を残しましたが全員がをしっかりと体をはりよく走った勝利となりました。

U13 vs Supra Blue 3-5

ゲームの入り方と締め方が未熟で課題を残す試合となりました。その間長い時間うまく進めていただけに、やってはいけない残念な敗北でした。特に終盤はバランスを崩し、犯してはならない不注意からくるミスが立て続けに起こりました。今シーズンの課題である戦術理解度において、一歩進んで二歩下がってしまった感じの結果となってしまいました。


2018-05-27
ptk_77452088746342.jpg?fit=1200%2C801&ssl=1

春のアカデミーリーグ真っ只中! Joyousは各年代とも成長の兆しが見えてきました。ここから6月のプレーオフへ向けてもう一つ上の段階を目指します。

U10 vs Okanagan FC 2-3
前回惜しくも勝利を逃した唯一の相手Okanagan 09。今回はリーグ戦初勝利を目指して試合にのぞみました。前半はいつもの通りゆうきを中心にしっかりとオーガナイズされたディフェンスからカウンターで何度もチャンスを作りサミュエルが先制点。その後もチャンスは数度作りながらも中々得点がうまれませんでしたが、コーナーからコウジュが今季初得点。2点を専攻した後も相手を押し込む時間帯が続きましたが前半終了間際に一点を返され1点を先行して折り返し。後半になると反対に攻め込まれる場面が多くなり守備の連携ミスから2失点を失い、攻めてはゴール前まで行くもGKの好セーブやスイートミスなどに嫌われ一点が遠く2-3の逆転負けという結果に終わりました。
試合内容としては勝敗はどちらに転んでもおかしくない試合でした。このような試合で悔しい気もしが出て来ると次につながって来ると思います。

vs Barcelona 09 (Friendly game)
0-10

リーグに参戦していないBarcelona 09。いわゆるBチームとの対戦。今回はリーグ戦であまり試合に出られないメンバーを中心に試合に挑みました。相手はリーグ戦に参加していないチームとはいえ体格でまさり力強い選手で構成されていました。結果は大敗でしたが普段試合に出ていない選手にとってはいい経験になりました。途中普段試合に出ているメンバーが出ましたが変化をつけることが出来ずこちらは課題を残した試合でした。

U12 vs Okanagan FC 0-1

サッカーに判定勝ちがあれば完全に勝点3を獲得していた試合でした。相手チームのように最後まで諦めずに頑張ればこういう結果になることが起こるのがサッカーだということを改めて学んだ試合でもありました。個人のハードワークと適切な戦術的判断でゲームを通して常に主導権を握りました。ボールを相手ゴールへ近づける過程が意図を持って正しく行われていました。あとは仕上げの決め切る技術と能力を向上させる必要があります。

U13 不戦勝

相手チームが来ませんでした。代わりに紅白戦をやりました。


2018-05-13
IMG_20180513_135937760.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

今週も厳しい暑さの中、熱戦が繰り広げられました。

U13 vs Supra 05/06 Blue 1-10

選手が集まらなかったこともあり、この年代には珍しく大敗となりました。ただ最後まで諦めずに1点を取ったことが次に繋がります。

U12 vs FCBEscola 1-4

今日も06年数名が加わっての一戦となりました。このグループはひとりひとり調子の波があったり、試合の入り方が悪かったり、メンタルの部分でまだまだ成熟する必要があります。世界を見渡すとこの年代の選手たちは既に高い意識を持って練習や試合に取り組んでいます。サッカーが上手になりたいのであれば、各々が意識を変えていかなければなりません。

U11 vs FCBEscola 0-4
今回の相手も前回大量失点で敗れた相手とのリベンジマッチの試合となりました。前回は全く手も足も出ず全く試合をさせてもらえませんでした。
試合は前回同様しっかり守ってカウンターを仕掛けるシンプルな戦術で挑みました。試合全体では予想していた通り押し込まれる時間帯が長くほとんどジョイアスサイドのコートで試合が進められました。失点も前半2点、後半2点の計4失点で負けましたが、ゆうきを中心にしっかりとオーガナイズされたDFが機能しいい形でのシュートはほとんど打たれませんでした。
攻撃の方は前半後半を通じてシュートまで持っていける形を数回作りましたが、相手GKの好セーブとこちらのシュートミスで得点にはなりませんでした。精度を上げて行けば次は必ず得点できます。
先週に引き続き強豪チームとの対戦で負けはしましたが試合らしくなってきた感は選手も実感してると思います。そこで満足せず次は勝てるようにするために練習の中で一人一人のレベルアップをはかって行きたいと思います。

U13 vs Faly Academy 06 5-1

ほぼ全員が揃った今日は昨日と異なり随所にダイナミックなプレーが見られました。やはり今のこの年代ではKojiが大黒柱でゴールのほとんどに絡んでいましたが、今日は彼からのパスを受けたFWの選手が揃ってゴールという結果を残すことができました。各自がこの春の間にレベルアップしてKoji不在でもきっちり勝ち点が取れるようにがんばりましょう。


2018-05-07
IMG_20180506_142529100.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

快晴の中、今日も各カテゴリーで熱戦が繰り広げられました。

U10 vs SFS Vancouver 4-6

二ヶ月前13-0で破れた相手との対戦でこの試合は自分たちがどれだけ成長できたかを試せる機会でした。しかし病人と家庭の都合で欠席者が続出し急遽08メンバーを2人招集することになりいつもと違ったメンバー構成で試合に挑みました。
試合はボールを持たれる時間が長く走らされる場面が多くみられました。しかしここ数週間全体練習でトレーニングをしてきた「守備の基本」が選手個人個人に浸透してきた事でほとんど相手にチャンスをあたえませんでした。攻撃では08のリオが3得点1アシストの活躍でチームを引っ張り、ヒロキも負けずにMFでいぶし銀の仕事をしてくれました。後半になり助っ人の二人を下げ09メンバーで挑みましたが暑さの影響と前半で頑張った疲れが出て一気に5失点。相手に劇的な勝利をもたらしてしまいました。
今回は助っ人達に力に頼っていたところが多いにあったので、次回はいつものメンバーでこのレベルのチームと対等に出来るように個人もチームもレベルアップしていく必要があります。また明日から頑張りましょう。

U12 vs Vancity Pro Yellow 2-3

人数が揃わず06年を数名借りての一戦となりました。前回は大差をつけられた相手でしたが、今回は気持ちで負けていませんでした。特にJacobやRikuといった07年組が球際をがんばっていたのが印象的でした。結果は惜敗でしたが、気持ちの準備さえできていれば少しづつ戦えるようになってきました。

U13 vs Croatia Jrs 2-4

最後まで諦めずに終盤追い上げましたが、前半の失点が響いて逆転する事ができませんでした。ゲームの中での修正力は徐々に向上してきていると思いますが、失敗が許されないエリアでの危険察知能力やなど、まだまだ学ばなければならないことがたくさんあります。またファーストタッチやボールの受け方など、普段の練習で常に練習していることが本番でできないというのは、なんのために練習をしているのか、もう一度各自がよく考えてトレーニングに取り組む必要があります。この年代は選手も増えてチーム内に競争が生まれ、今までのようにとりあえず来てれば試合に出れるという状況ではなくなっています。厳しい環境の中でお互いを高めていきましょう。


2018-05-01
voetbal7.jpg?fit=784%2C588&ssl=1

今夏もオランダから名コーチを招いてサマーキャンプを開催します。今回トレーニングを指揮するのはオランダでTon Jenner Football Academyを運営し、これまでに多くのプロ選手を輩出した経験のあるTon Jenner氏。対象年齢は2000年生まれから2009年生まれまでで、サッカーがもっと上手になりたいプレーヤーに最適のプログラムです。

  • DATES:         July 30 to August 3 2018
  • TIME:           9:00am to 3:00pm
  • LOCATION:   Empire Field, East Hastings next to PNE
  • AGE:             9 to 18 years old

キャンプに関する詳細はこちらのリンクをご覧ください。


2018-04-30
IMG_20180429_093211815.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

アカデミーリーグWeek 4のゲームレポート

U10 vs Soccaskool 09 1-3
先週の思わぬ健闘により今週ピザパーティをした事でチーム全体がより一体感が増してきました。今週の試合もゴール前でのパス回しとカウンターでゴールに迫ることをテーマに試合に挑みました。
試合は先週と同様チャンス自体はたくさん作ったのですが、相手のセンターバックが強く中々いい形でシュートをさせてもらえませんでした。前半に2失点、後半早々に1失点を受けましたが、後半は相手陣内でプレーする機会が多く押し込む場面もありましたが1点を返すにとどまりました。来週は以前大量失点で完敗したSFS。今週しっかり準備をしてあれから成長した姿を見せていきたいです。

U12 vs Vancity Pro 07 White 0-8

今日はゲームの入り方が悪く、スタートからドタバタしてしまいました。気持ちを集中させて高いモチベーションで試合に入れるような準備を考えていこうと思います。後半に選手自身が修正しようとする姿勢が見られた事が今日唯一の収穫でした。

U13 vs Faly 06 8-2

皆が頭を働かせてシチュエーションごとに目まぐるしく変わる戦術を少なくとも理解しようとする意識が少しづつ備わってきたような気がします。後ろのポジションの選手がチームとしての約束事を理解してきたので守備的な安定感が増し、バランスの取れたゲーム展開ができるようになってきました。あとは攻撃陣のクリエイティブでダイナミックなプレーを向上させる必要があります。


2018-04-22
IMG_20180422_090652310.jpg?fit=1200%2C900&ssl=1

Great weekend for Joyous FC! 合計10ポイント奪取!!

U13 vs Okanagan FC 2-1

シーズンが始まって最初の2試合は善戦虚しく勝ち点が取れませんでしたが、3試合目にしてようやく勝点3が取れました。試合の内容も最後15分を除けばとても良いゲーム運びでした。ただ2点目が入ってからゲームの締め方に経験のなさが表れました。残り15分で2-0であれば、まず中を固め、ボールを出来る限り自陣から遠ざけ、中央でのロストを最小限に抑える戦い方が必要となります。先週メールで送った質問事項のひとつであり、紙面上では理解していたものの、いざ実践でその状況に直面するとパニックに陥る選手がほとんどでした。今シーズンのテーマであるタクティカルなゲーム運び。次に同じ過ちを繰り返さないよう改善していく必要があります。

U10 vs Okanagan FC 3-3
前回までの2試合はほとんど試合らしい試合ができずほとんどシュートも打たせてもらえない試合が続いていました。今回からリーグの側の要望もあり08の選手も入り試合にのぞみました。

以上の状況を踏まえ今週は以下の事をテーマに練習から取り組み、試合に入りました。

・ゴール前でのパスボール回し
出し手は外にパス
受けてはラインいっぱいまで広がる

・攻撃 カウンター攻撃
出しては受けての前のスペースに出す
受け手は出し手に近づかず前のスペースに走る

試合では今回のテーマがはまり前半だけで2得点。後半も同じようにカウンターで1点追加していい形が出来て来ました。守備においても今日唯一の08ゆうきを中心とした守備が安定して、回しもかなりの確率で外から上手いこと回せていました。

今後は攻撃のバラエティーを増やして行くこと。守備でははじめの2失点はパスを中に出したところを取られての失点だったのでもう少し危険な状況の意識を上げて行きたいです。

また次からの練習で改善して行きましょう。

U12 vs Okanagan FC 08 2-1

ダブルヘッダーの一戦目。人数が揃わず、06年組数名のサポートはありましたが、最後までしっかり集中して、こちらも嬉しいシーズン最初の3ポイントをゲットしました。

U12 vs Okanagan FC 07 3-0

2戦目は1戦目と同じチームのひとつ上の年代で、苦戦が予想されましたが、Cyrusのハットトリックもあり、ディフェンスも最後までしっかり守りきって完勝。反省点は、あと2〜3点決めなければいけないチャンスがあり、そういうチャンスをしっかり決めきらないと、今後強豪と対戦したとき厳しくなります。キーパーClaytonの活躍も大きな勝因でした。